2018年05月15日

ぎっくり腰が多いです。

最近は雨が降ったり、暑かったり寒かったり。

とても差が激しいです。体にとってその差がしんどいんです。

もともと体には恒常性といって一定に保とうという働きがあります。

寒ければ筋肉を緊張させて体の表面の血流を悪くして熱が奪われるのを防ぐ。

暑ければ筋肉を弛緩させ毛穴を広げて汗を出し熱を発散する。

体も日々忙しいのです。

体力に自信があって筋肉の動きも良く筋力の強い方は問題ないのですが、

デスクワークで運動不足の方、痩せて筋力が弱く冷え性の方、筋力の弱いご高齢の方、、、

そんな方がその変化についていけず、日常の負荷の何気ない動きで「グキッ!!」ときてしまうのです。

最近はそんな方が目立っていました。

皆さんも是非ともお気をつけくださいね。
posted by 院長 at 12:59| Comment(0) | 日記